「カミュの『ペスト』みたいだと思わないか?」

 近頃は知人とこんな会話ばかりしている。原因はもちろんコロナウイルスだ。世界中を覆い尽くす謎のウイルスと、増加する一方の痛ましい犠牲者。感覚的には、むしろSF映画の悪夢が現実になったような感覚に近い。

 気分転換をしようにも外出はNGということで、日本代表やJリーグ、海外サッカーの過去の名勝負をひたすら眺めて過ごしている。

 だが、ものは考えようだ。目先の情報につい踊らされがちな僕たちにとって、自宅での巣ごもりはサッカーの歴史を改めてじっくり紐解くチャンスにもなる。

 日本代表に限っても、過去の試合を振り返るのは味わい深いものがある。

 ドーハの悲劇からW杯フランス大会を経て、2002年の日韓大会へ。さらには川口能活が神がかり的なセービングを見せたヨルダン戦(2004年アジア大会)、本田圭佑と遠藤保仁のFK、岡崎慎司のゴールで相手を突き放したW杯南ア大会のデンマーク戦、そしてロシア大会のセネガル戦やベルギー戦等々。モニターに映像が映し出されるたびに、懐かしい記憶とスタジアムの興奮、取材を共にした同僚の顔がよみがえる。

 世間一般の注目度こそ高くなくとも、個人的に忘れられない試合もある。

 真っ先に思い出されるのは、オシム時代のガーナ戦(2006年キリンチャレンジカップ)と、ザッケローニの下で臨んだイタリア戦(2013年ブラジルコンフェデ杯)だ。

 これら2試合は選手の顔ぶれも異なれば、チームが置かれた状況や時代背景も異なる。結果的には0-1、3-4でどちらも惜敗するなど後味も苦かった。

日本がスペースを有効利用した珍しい試合。

 にもかかわらず脳裏に鮮明に焼き付いているのは、どちらも日本代表のスペースの使い方に一石を投じる内容になったからだ。

 ガーナ戦に臨んだオシムは3-4-3の布陣を敷いた上で、スイーパーに阿部勇樹を起用。リスクを冒しながらラインを大胆に押し上げ、サイドからチャンスメイクを行っていくことで、日本代表が戦術的にも世界の強豪に対抗できる可能性を示唆した。

 イタリア戦の衝撃も大きかった。

 ザッケローニ時代の日本代表は、ともすればゴール前に選手が集まりすぎ、得点のチャンスを自ら潰してしまう悪癖が幾度となく指摘されていた。いわゆる「香川真司と本田圭佑の共存問題」が盛んに論じられたのは記憶に新しい。

 ところがイタリア戦では、各選手がペナルティエリアの周辺で適切な距離をキープしたためセカンドボールもしっかり拾い続け、波状攻撃を展開することができた。

 これはある意味、イタリア代表を苦しめたこと以上に意義深かったように思う。今風の戦術用語を使えば、ジョゼップ・グアルディオラが説く「ポジショナルプレー」を実践し、日本代表が自らの宿痾を解消した珍しい瞬間でもあったからだ。

グアルディオラによる簡潔な定義。

 では「ポジショナルプレー」とは、そもそもいかなる戦術なのか。

 ペップ本人による定義は簡潔にして明快だ。

「ピッチ上のどこにボールがあるかを踏まえて、選手たちが正しいポジショニングをしていこうとする考え方。これを実践してシステムを機能させるためには、ディシプリンと思考能力の速さが必要になる」

 詳しくは2年前にナンバーウェブに寄せた拙稿(https://number.bunshun.jp/articles/-/829947)をお読みいただきたいが、ポジショナルプレーは攻撃のためだけの発想でもないし、単に数的優位を作り出すための方法論でもない。ペップの言葉を再び引用しよう。

「ポジショナルプレーという発想は、自分たちがボールを持って攻撃している時でも、逆に相手に攻撃されている時でも当てはまる。

 ポゼッションを失った時には、選手たちはすぐにボールを奪い返すために、正しいポジションを取らなければならない。すぐにボールを奪い返せない場合には、カウンターアタックを受けないために、やはり正しい位置につく必要がある」

 ポジショナルプレーが浸透していくと、選手は攻守両面で幅広い役割を担うようになるため、ピッチ上では「ジェネラリスト化(各ポジションの融合)」と、ゲーム展開の劇的な高速化が同時に起きていく。ペップのアプローチが戦術進化はもとより、サッカーという競技そのものに、パラダイムシフトをもたらしたと評される所以だ。

人と空間の有効利用。

 攻守のシームレス化、各選手が担う役割の融合、ゲームスピードの向上……。

 勘の良い方は、おそらくピンときたのではないだろうか。一連の変化は、実はサッカーだけで起きている現象ではない。バスケットボールやアメフト、ラグビー、水球、バレーボール、ひいてはアイスホッケーやグラウンドホッケーに至るまで、似たような現象はパラレルワールドのように、ほぼすべてのボールゲームで見られる。

 理由は簡単。1つのボールを巡って複数の選手が自由にポジションを変えられる競技では、「選手」という人的リソースを用いながら、「スペース」という物理的なリソースをいかに活用するかが勝負のカギを握るからだ。人材と空間の有効活用は、「時間」という最も貴重なリソースを生み出すことにもつながっていく。

支援、準備、理解の3要素。

 その前提条件となるのが、ペップが言うところの「正しいポジショニング(選手同士の理想的な距離と位置、アングルの確保)」に他ならないが、さらに突き詰めて考えていくと、ポジショナルプレーという発想は、次の3要素に還元することもできる。

A:Support (支援):有形無形のリソースの最適配分によるオプションの確保
B:Preparation (準備):的確な状況判断と合理的な予測による、セカンドプランの確保
C:Understanding(理解):正しい知識と目的意識、そして手段、役割/責任分担の確保

 これらの要素は、企業や社会、組織のロジックを成功に導くためのエッセンスとなんら変わらない。再びサッカーの試合に寄せて言うなら、下記に挙げるようなゲームマネージメントのノウハウはさまざまな危機管理にも援用できる。

 たとえば、未曾有の感染症に対してもだ。

1:チーム全体として最適なポジショニングを徹底する
(スモールスペースで数的優位を作るのも有効だが、これは時と場合による。むしろ局面で数的優位を作らないことが、チーム全体を機能させるためにプラスに働くことも多い)

2:戦況を冷静に把握し、優先順位(プライオリティ)を決めていく
(自分たちは優位に立っているのか、守勢に回っているのかを見極める。今、最優先でサポートすべき選手や、守るべきエリアはどこかという優先順位も全員で共有しておきたい)

3:チーム全体として命令系統や責任・役割分担を明確にする
(指揮系統が混乱していては強豪相手に勝つことはできない。チーム全体としての目標や、相手を攻略する具体的な戦術、個々の責任・役割分担をはっきりさせておくのは不可欠だ)

4:個のレベルでも、日頃からスキルやノウハウを磨き続ける
(チームプレーに徹するのは大前提だが、個のレベルでできることもかなりある。相手の攻撃を効果的に防ぐための細かなスキルやノウハウ、テクニックを研究するのも役に立つ)

5:万が一の場合に備えて、常にオプションを確保しておく
(慎重を期していても、思わぬ形で負傷や欠場に追い込まれる危険性は誰にでもある。万が一に備えてオプションを用意しておくことは、精神的・時間的な余裕にもつながる)

6:ゲームプランが崩れた時には、すぐに発想を切り替える
(当初のプランで押し切れるに越したことはないが、予想外の展開になった時には、チーム全体でいかに優先順位と目的、そして方法をすばやく切り替えられるかが明暗を分ける)

7:ゼロリスクでなく、リスクマネージメントの視点で考える
(一定の時間帯だけ100%集中しても、その時間帯が終わった途端に集中力が切れてしまうのでは逆効果。試合全体を見据えた上で、効果的なリスクマネージメントをしていきたい)

8:新たな攻略方法のヒントや最新情報をチェックし続ける
(戦況は常に変化し続けている。眼前の試合に集中しつつ、相手を攻略するための新たなヒントを探したり、他会場の試合をチェックして最新情報を入手したりするのも大切だ)

9: スタミナ切れを起こさないように、心と体の栄養を補給する
(長丁場の戦いでは心と体のスタミナを切らさないことが大切。食生活の管理や適度なエクササイズでコンディションを維持し、安全な形で気分転換やリフレッシュを図りたい)

10:サポートスタッフや裏方さんへの感謝の気持ちを忘れない
(最前線で敵の突破口を探す攻撃陣、水を運ぶ中盤、体を張ってゴールを守る守備陣がいればこそ戦いは成立する。無数のチームスタッフや裏方さん、仲間や家族にも感謝の気持ちを)

11: 図太く、打たれ強く、そして前向きなメンタリティを
(サッカーの試合は延長戦や再戦にもつれこむこともある。長い消耗戦を乗り切るためには決して諦めない粘り強さと常に前向きで明るい姿勢、チームの一体感を育んでいきたい)

現状は、素人が代表で戦うようなもの。

 日頃はまともに体を動かしたことさえないような人間が、いきなり日本代表に招集されてW杯のピッチに立つ。あるいは草サッカーのチームがCL決勝に担ぎ出されて、突如として現れた謎の強豪チームと対戦させられる。僕たちが置かれた状況は、こんな風にもたとえられるかもしれない。

 正直、旗色はあまり良くない。「絶対に負けられない戦い」が幕を開けるなどとは夢にも思っていなかったし、敵の攻撃力は強大で未知数。おまけに非常に小柄で目には見えないため、気がつけば防戦一方にまわることを余儀なくされてしまった。

 だがチーム一丸になって粘り強く戦えば、潮目は少しずつ変わっていく。相手の猛攻をしのぎ続けていけば、世界中が研究を進めている起死回生の攻略法が完成し、期待のスーパーサブとしてピッチ上に投入される瞬間がやってくるに違いない。

これが、スポーツが持つ真のチカラなのでは。

 そのために今、最も必要とされているのはタフな精神力と、安易な美談や根性主義に走らない合理的なアプローチ、そしてペップからお墨付きをもらえるような「社会的なポジショナルプレー」を実践していくことになる。

 日本代表やJリーグ、欧州サッカーの滔々たる歴史は、この世に不可能なことなど存在しないことを教えてくれる。ある意味、それこそがスポーツが持つ真のチカラではないだろうか。人間が秘めたポテンシャルが想像よりもはるかに大きいことは、昨年行われたラグビーW杯で、日本中の誰もが実感したはずだ。

 テレビモニターの前に座り、過去の映像を眺める時間が増えれば増えるほど、未来への夢と確信はますます強く、大きく、揺るぎないものへとなっていく。長く熾烈な戦いに勝利し、多くの仲間とスタジアムで感動的な再会を果たす。そして晴れ晴れとした気持ちで、スポーツの試合を思いっきり楽しむ。そんな日は必ず訪れるはずだ。

(「オフサイド・トリップ」田邊雅之 = 文)