「大相撲夏場所」(5月24日初日、両国国技館)

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)が2日、電話での代表取材に応じ、安倍首相が緊急事態宣言の延長を正式発表する4日にも夏場所開催の可否を判断する意向を示した。「協会の主事が関係者に連絡を取って作業をしていると思います。(緊急事態宣言の延長が)4日月曜日という話になってますから、月曜日に協会も何らかの動きがあると思います」と見通しを語った。

 新型コロナウイルス感染予防のため接触を避け、協会幹部を招集して理事会は開くことはできないものの、方針はまとめる。「月曜に発表するのかいつ発表するのか、それは今の段階ではわかりませんが。会見は無いと思います。理事長からの発表、談話は何かある可能性があります」と説明した。

 同部長も4日には協会に待機し対応する予定。「自分の立場として協会に待機をして対応をしようと思います。自分が窓口になっているので、とりあえず協会に待機して待っていようと。各理事との話がどういう形でできるのかもわかりませんので。我々はぎりぎりまで様子を見ながら開催に向けてやっていきたいという気持ちはありますが、宣言が出ていろいろ自粛してくださいということであれば、対応を考えなくてはいけない。世の中が大変なことになっている訳ですから。政府からの宣言が4日にあるということを含めて、4日は協会に待機して、何か状況が変われば皆さん(メディア)にお伝えします」と話した。