「大相撲夏場所」(5月24日初日、両国国技館)

 3場所ぶり関脇復帰した御嶽海(27)=出羽海=が1日、日本相撲協会を通じ、コメントした。この日は都内の出羽海部屋で稽古し、30キロのおもりを持ち、すり足で下半身を強化するなどした。

 新型コロナウイルスの影響でぶつかり稽古や申し合い稽古は自粛。「基礎運動を中心に、じっくり鍛えられています」と、日々の稽古を振り返った。

 関脇に復帰した意気込みは「三役から落ちる事がないように上を目指したいです」と、語った。

 2週間延期された夏場所の開催は不透明ながら初日に向け準備するだけ。「皆さんに元気な相撲を届けたいです」と、ファンに向けて誓った。ウイルス感染の広がりには「1日も早い収束を願っています」と願い、自身は「手洗い、うがい等徹底して行っています」と、感染予防を徹底している。