新型コロナウイルスの影響で中断しているスポーツ界が、再開条件として無観客に傾いている。声援や騒音すらない試合空間をどう演出するか。海外のサッカーリーグでは、様々な観戦アイデアが浮上している。

 15日から幼稚園や小学校が始まり、市民生活の制限緩和を段階的に進めるデンマーク。サッカー1部リーグ「スーパーリーガ」は、5月中旬のリーグ再開をめざす。ただ大規模集会は8月まで禁止で、試合は無観客になる。そこで、現在首位のFCミットユランは、最大限のエンターテインメントを提供しようと、「世界最初のドライブインサッカー」という企画を立ち上げた。