イングランド・プレミアリーグのリバプールは28日、かつて同クラブでプレーした元アイルランド代表FWのマイケル・ロビンソンさんが亡くなったと発表した。61歳だった。

家族は死因を明らかにしていないが、18年12月にがんと診断されていた。

ロビンソンさんは、83-84年にリバプールでリーグ優勝を含む3冠を達成。マンチェスター・シティやブライトンなどでもプレーし、89年にオサスナ(スペイン)で現役を引退した。その後はスペインでテレビのコメンテーターや解説者などを務めた。アイルランド代表では24試合に出場し、4得点を記録した。

サッカー界から多くの追悼のメッセージが寄せられる中、男子テニスで世界ランキング2位のラファエル・ナダル(33=スペイン)も自身のツイッターで「悲しい知らせで目が覚めました。あなたはいつもスポーツで私たちを幸せにしてくれました」とつづった。