日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は28日、報道陣の電話取材に応じ、この日協会員から新たな感染者は出なかったと明かした。

25日に高田川親方(元関脇安芸乃島)や十両白鷹山らの新型コロナウイルス感染が判明。これまでに陽性反応が出た7人について「今日は主事から連絡が入った。入院しているものについては、現時点では入院して療養しながら検査などを行っている」と説明した。

約1カ月後に迫った夏場所(5月24日初日、東京・両国国技館)に向けて、協会執行部による会議は現時点で予定されていないが、同広報部長は「職員も在宅勤務だけど、何かあったらスタンバイできるようになっている」と、有事に備えていることを強調した。