「大相撲夏場所」(5月24日初日、両国国技館)

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)が27日、電話取材に応じ、各部屋に指示している体の接触を伴う申し合いやぶつかり稽古の自粛を、28日以降も継続する方針を示した。通常なら番付発表後に稽古は本格化するが、新型コロナ感染拡大の影響で夏場所の開催を2週間延期したため、初日までまだ1カ月弱ある。

 夏場所開催の見通しに関しては「番付が発表されたからといって、見通しが良くなったということではない。状況を見ていくしかない」と説明。高田川親方(元関脇安芸乃島)、弟子の十両白鷹山ら、感染が確認されて入院中の7人については「新しい情報は何もない」と述べた。

 延期になっていた新弟子検査は、5月12日に行うことを発表。当初は4月28日に実施予定だった。今後の状況によって、再変更の可能性もある。