日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は26日、報道陣の電話取材に応じ、2週間延期となった夏場所(5月24日初日、東京・両国国技館)の開催に向けて「諦めずに5月場所開催は視野に入れていきたい」と話した。

25日に協会副理事の高田川親方(元関脇安芸乃島)と弟子の十両白鷹山、幕下以下の力士4人の新型コロナウイルス感染が判明した。6人は入院中だというが「それ以降は何の情報も入っていない。高田川親方にどうですかと今聞ける状態ではない。1日も早い回復を願っています」と詳細は不明だという。

10日に感染が初めて判明した幕下以下の力士1人を含めて、角界での感染は合計7人となり、夏場所の開催は厳しい状況となった。現段階で臨時理事会を行う予定などはたっていないが「専門家のいろんなご意見と今の状況を踏まえてこれから検討をしていく。今のところ5月場所開催に向けてはそのままの状況。私たちは何回も言っている通り、諦めずに5月場所開催は視野に入れていきたい。ただ、世の中の感染の状況だとか、世の流れとかいろいろなものを踏まえて、専門家と話しながら決めていきたい」と話した。