日本相撲協会は25日、高田川親方(53)=元関脇安芸乃島、高田川部屋所属の十両白鷹山(25)、幕下以下の力士4人(力士名、所属部屋非公表)の計6人が新たに新型コロナウイルスに感染したことを発表した。親方、関取の感染は初めて。10日に陽性が確認された幕下以下の力士と合わせ、角界の感染者は計7人となった。5人以上の感染者集団となるクラスター発生が危惧され、夏場所(5月24日初日、両国国技館)開催は厳しい状況に追い込まれてきた。

 10日に角界初の感染者が出てから15日、やはり1人では収まらなかった。同部屋の高田川親方と白鷹山が感染し、幕下以下の4力士も陽性が判明した。

 恐れていたクラスターが発生したのか。寝食をともにし、集団生活を送る相撲部屋はウイルスがまん延しやすい環境がそろう。幕下以下は個人情報の観点から名前、部屋を明らかにしなかったが同部屋ならすでに集団感染。別部屋なら角界のさらなる感染拡大につながる。

 協会によれば、高田川親方は今週、発熱があり23日に都内の医療機関で感染を調べるPCR検査を受け、24日に陽性と判明。白鷹山は発熱はなかったが24日にPCR検査を受け陽性と分かった。幕下以下の力士含め、新たに感染した6人は現在、入院療養中。親方とは連絡が取れる状況でなく容体や感染経路などは分かっていない。

 感染者の所属部屋は専門医、保健所の指導に基づき、今後2週間は稽古、外出を一切行わず、部屋の消毒、体温管理を実施。感染拡大の予防を徹底する。八角理事長(元横綱北勝海)は全部屋に身体の接触を避けた稽古の継続を指示した。

 高田川部屋は幕内の竜電、輝ら22人の力士に立行司の式守伊之助らも所属。徒歩圏内の近隣には尾車、錣山、大嶽部屋がある。白鷹山には糖尿病の持病があり、何らかの持病を持つ親方、力士も多く感染拡大を食い止めねば大変なことになる。10日に感染発覚した力士もまだ入院しており症状が懸念される。

 7日に緊急事態宣言が出て以降も全国でコロナ禍は悪化。今は親方らの回復を祈るばかりながら、夏場所開催に関し協会は難しい判断を迫られる。2週間延期し初日を5月24日に変更したが、中止も現実味を帯びてきた。

 開催の可否に関する協議は大型連休後の5月初旬となる見通し。代表での電話取材に応じた芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「開催については何も決定していないが、こういう状況なので専門家の意見を踏まえつつ慎重に検討したい」と厳しい現状を受け止めた。