〈WWE:スマックダウン大会〉◇24日◇米フロリダ州オーランド・WWEパフォーマンスセンター

中邑真輔(40)とセザーロ(39)が、ダニエル・ブライアン(38)を急襲した。

中邑とセザーロは、PPV「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」(日本時間5月11日)に向けたラダー戦予選ドリュー・グラック対キング・コービン戦の終盤に乱入し、グラックのセコンドについていたブライアンを襲撃。その隙にコービンがエンド・オブ・デイズで勝利を決め、アシストに成功した。

中邑とセザーロは、レッスルマニアでのインターコンチネンタル王座戦で王者サミ・ゼインのセコンドとして、挑戦者ブライアンの戴冠を阻止。その前後から続くブライアン、グラック組との因縁はさらに深まった。