日本相撲協会は25日、高田川部屋の師匠、高田川親方(53、元関脇安芸乃島)=本名・宮本勝巳、広島県出身=と弟子の十両白鷹山(はくようざん)(25)=斎藤亨将、山形県=が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、「陽性」と診断されたことを明らかにした。親方と関取の感染確認は初めて。他にも幕下以下の力士4人の感染が新たに発表されたが、協会は「(幕下以下の)養成員については個人情報保護の観点で部屋名、力士名は公表しない」としている。

 複数の関係者によると、10日に初めて感染が確認された1人の力士は高田川部屋所属とみられ、角界での感染者は計7人になった。

 協会は夏場所を当初の予定より2週間延期し、5月24日初日で開催することを目指しているが、状況次第では中止や無観客開催も検討するとしている。