新型コロナウイルスの感染拡大を受け、山口県下関市で11月1日に開催予定の「下関海響マラソン」を中止する方針が固まった。エントリー開始が5月20日に近づくなか、市などは「ランナー、ボランティアを含め全参加者の安全を確保するのは困難」と判断した。

 海沿いを走る風光明媚(めいび)なコースが人気の大会。昨年の12回大会には計1万2千人近くが出走し、3千人強のボランティアが参加。全体で約5億2300万円の経済効果をもたらした。先着順のウェブ申し込みは5月20日に迫っていた。

 副市長ら運営委員による第1回運営委員会が今月21日に開かれ、感染者数が全国的にも拡大傾向にあり、収束の見通しが立っていない状況を踏まえ、開催中止の方針を決定。各実行委員に書面での審議を求めており、返信を待って最終決定する。