元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏(42)は24日、妻のニコラ夫人が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示していたことを英紙ザ・テレグラフの自身のコラムで明かした。

「私たちにもっとも近い人々の健康がもっとも重要であることは言うまでもありません。妻のニコラはコロナウイルス検査で陽性を示しましたが、ありがたいことに回復しました」と報告。また自らの叔母も新型コロナウイルス感染で入院中であるという。

現在は英スカイスポーツでサッカー解説者を務めているため「試合が再開されることを切望しています」としつつも、キャラガー氏は「政府や科学のアドバイスに反して、間違った理由で、間違ったタイミングで決定が下されることを誰も望んでいないことは言うまでもありません」とつづり、慎重に公式戦再開の準備を進めるべきとのスタンスを貫いていた。