新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本サッカー協会は23日、5月開幕が延期になった天皇杯全日本選手権の大会方式を変更する方針を発表した。Jリーグ勢はJ1リーグ戦の今季上位2チームだけが出場し、47都道府県の各代表とアマチュアシードの計50チームがトーナメント方式で争う。9月に開幕し、決勝は来年1月1日。J1勢は12月27日の準決勝から登場する。5月の理事会で正式に決まる。

 天皇杯は、J1~3のプロチームから、大学やアマチュアクラブも参加し、日本一を決める大会。例年、計88チームによるトーナメント方式で争った。同協会によると、中断しているJリーグの日程を消化することを優先させるため、Jリーグ勢の参加を絞ることにした。

 ウェブ上で会見した同協会の須原清貴専務理事は「どこまで振り切った案を出せば、Jリーグのレギュラーシーズンにとって有利な条件を提供できるかを考えた」と話した。