柔道男子100キロ超級でオリンピック(五輪)2連覇のテディ・リネール(31=フランス)が、新型コロナウイルス感染拡大のために不足している医療用防護服を寄付することを発表した。

23日までに自身のツイッターなどのSNSを更新。リネールは日々、ウイルスと闘う医療従事者へ感謝を示し、「あなたたちの努力を決して忘れません。毎日の闘いで、少しでも役に立てるよう医療用防護服を寄付します」とつづった。フランスでは厳しい外出制限が続き、死者は2万人を超えた。

今年2月のグランドスラム・パリ大会では、影浦心(日本中央競馬会)に敗れ、約10年間続いていた連勝が154で止まった。現在は1年延期となった東京五輪を見据え、自宅の練習場で筋力強化などに励んでいる。