女子バスケットボール、Wリーグのデンソーは20日、3人制日本代表候補でもある伊集南(29)が現役を引退すると発表した。

今年2月の代表合宿にも参加していた伊集はチームを通じ、「簡単な決断ではなかったが、次の人生に行きたいと考えた。決断に悔いはありません」などと報告した。

三菱電機の王新朝喜(32)の引退も発表された。中国出身で、2013年に日本国籍を取得。日本代表としてアジア選手権2連覇に貢献し、リオデジャネイロ五輪にも出場した。チームを通じ、「すてきなご縁があって日本でバスケができたこと、そして三菱電機コアラーズという素晴らしいチームでプレーができたことに感謝」とコメントした。