新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、千葉県の九十九里浜の市町村が「サーフィンに来ないで」と呼びかけている。海自体は密閉、密集、密接の「3密」に当たらないが、陸地での3密を懸念。「この地域は高齢化率が高く、医療資源が限られている」と必死にサーファーに訴える。

 先んじて動いたのは、東京五輪のサーフィン会場の一宮町だ。7日夜には海岸沿いの4町有駐車場を閉鎖した。サーファーたちは駐車場がまだ閉まっていない近隣の海岸に移動。いすみ市や勝浦市も駐車場閉鎖で対応した。

 17日には、白子町、長生村、一宮町、いすみ市、御宿町、勝浦市の6市町村が共同で呼びかけを開始。地域が高齢化しており、「これ以上の感染拡大はわたくしどもに致命的な影響をもたらす」と、声明を発表した。