五輪メダリストなど国際舞台で活躍するフィギュアスケート選手を育成しようと、木下グループが4月から「木下アカデミー」を発足させた。関西を拠点に活動する。13日までにホームページで発表した。

 同アカデミーのゼネラルマネジャーには、全日本女王の紀平梨花(関大ク)らを指導する浜田美栄氏が就任。ゲストコーチには、五輪連覇を達成した羽生結弦(ANA)のジャンプ担当コーチであるジスラン・ブリアン氏や2006年トリノ五輪銀メダリストのステファン・ランビエル氏が名を連ねた。所属選手は未発表だが、国内外のトップレベルの選手が集まる見込み。

 練習拠点は、ともに19年に完成した木下アカデミー京都アイスアリーナ(京都府宇治市)と、関西空港に近い木下グループアイスアリーナ(大阪府泉佐野市)を主に使用。年間を通して練習できる環境を整備する。