枚方寝屋川消防組合で消防士として市民の命を守るかたわら、昨年12月、ポーランドであったアームレスリングの国際大会に初挑戦し、3位に輝いた。

 子どもの頃から体を動かすことが好きで、中学、高校は野球部、大学ではレスリング部で汗を流した。大学3年の時、先輩に誘われたことからアームレスリングの世界に入り、ジムに通うようになった。

 大学卒業後、消防士になってからも週に1度はジムに通い、4、5時間は実戦練習を重ねた。京都や大阪の地方大会ではすぐに優勝、準優勝の常連に。ただ、全国レベルの大会になると勝ち進めないことが続いていた。「なにがいけないんだろう」。上達の道を探るため、全国でも名の通った選手のもとに通って話を聞いた。