福岡市で毎年7月に開かれてきた柔道の金鷲旗高校大会、剣道の玉竜旗高校大会が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で今年は中止が決まった。主催者が10日、発表した。密閉・密集・密接の「3密」を回避できないためという。戦中戦後の中断期間以来、中止となるのは初めて。

 オープン参加の団体戦で、昨年は国内外から金鷲旗に男子317、女子165、玉竜旗に男子520、女子384の計1386チームがエントリーし、トーナメントで頂点を競った。