東京五輪のサーフィンが開かれる千葉県一宮町は8日、サーフィンのための町来訪を自粛して欲しいとの呼びかけを始めた。7日夜には、五輪会場の釣ケ崎海岸駐車場など、海岸沿いの4町有駐車場を閉鎖した。

 日本サーフィン連盟千葉東支部、町サーフィン業組合も呼びかけに加わった。

 馬淵昌也町長は「サーフィンだけなら、感染の可能性は低いだろうが、前後にはどうしても陸で人が集まる機会がある。自覚を期待するだけでは効果がないと考えた」と説明する。