東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の小中学生などを対象にしたポスター募集企画で、山形県立新庄養護学校の甲州正樹さん(14)の作品が銅賞に輝いた。大会は延期が決まったが、作品は同企画のホームページ(https://tokyo2020.org/ja/games/event-poster2019/)で掲載されている。

 組織委員会が昨年度、「世界の選手を応援しよう」をテーマに募集。全国から3万7804点の応募があり、甲州さんの作品は金賞(5点)、銀賞(3点)に次ぐ銅賞(6点)に選ばれた。

 作品は、五輪公式マスコットの「ミライトワ」、パラリンピックの「ソメイティ」を中央に貼り、周りを「がんばれ」など選手を応援する言葉を日本語や英語、韓国語など世界中の言語で埋め尽くした。