Lesson 1:上半身のバランスを整える

仰向けで片腕を伸ばした状態から、体をゆっくり曲げて指先を反対の足先につけます。腕側の脇腹を意識して軸にする感じで、上半身と下半身が“繋がる”イメージを持って。腹斜筋に刺激が入ることで、上半身のバランスが整えられます。顔も手足の先を見るのがポイント。左右を10回ずつ10セット!

Lesson 2:肩甲骨と胸まわりを鍛える

腕立て伏せとも違い、片手を台の上に置いて行います。もう片方の手は台に置いた方の脇腹に添え、つっぱった状態から肩甲骨の周囲の筋肉を動かすイメージで屈伸。胸の下あたりに2、3本ある筋肉が鍛えられます。その時、体が傾かないように頑張りましょう。左右を10回ずつ2セット程度を目標に。

Lesson 3:腹斜筋と背筋を引き締める

1、2と似た部位に効く、座ってできる筋力強化。台や椅子の上で背筋を伸ばしたまま、片足をゆっくり上げていきます。逆側の手は足を上げた方の腹筋に当てて、この姿勢を数秒間キープ。下ろして上げてをゆっくり片足20 回ずつです。意外にきついので、息を止めずに呼吸を整えながらやりましょう。

Lesson 4:本気スクワットで強くなる

正しいスクワットは全身に効果あり。足を肩幅より少し開いて立ち、お尻をそのまま落とすように膝を90度まで曲げていきます。腹筋とすねに力が入るのを確認しながら、かかとは上げて。今回は4kg(ふんどし風)ですが、重りは何でもよく、重さもデザインも自分に合ったもので。10 回くらい!