「楽天紅白戦、白組0-2紅組」(26日、楽天生命パーク宮城)

 楽天・岩見雅紀二野手(25)が1、2軍合同での紅白戦に、紅組の「4番・一塁」で出場。決勝打を含む2打数2安打2打点の活躍で1軍入りへアピールした。

 二回の第1打席で左前打を放つと、両チーム無得点で迎えた六回2死一、二塁で、白組3番手・寺岡のスライダーを左中間へ運ぶ先制の2点適時二塁打を放った。

 「間合いを意識してきた。ボールを長く見られるようにということ」とタイミングの取り方を改良。打撃の確実性向上に取り組んできた。3年目の今季に「もう必死です。ただただ必死」と日々を懸命に取り組んでいる。

 この日は、迫力のあごひげを蓄えて登場。「ニキビができてひげがそれなくて…肌が弱いんです」というおちゃめな理由を明かしたが、打撃同様、威圧感たっぷりの風貌での活躍を1軍昇格への足がかりとする。