東京五輪・パラリンピックの開催が1年程度延期されることが決まった。茨城県内でも鹿嶋市の県立カシマサッカースタジアムでサッカー競技があり、影響は避けられない。各競技の代表に決まっていた県内出身選手は仕切り直しを受けて前を見据える一方で、チケットの購入者からは不安を訴える声も出た。

 選手やコーチらからは様々な声が上がった。

 今月16日に代表に内定したばかりの空手の女子組手61キロ級・染谷真有美選手(26)=古河市出身=は「覚悟はできていた」と冷静に受け止めた。新型コロナウイルスの影響で国際大会が中止されて選考が中断し、「不本意」な形で内定した。「このままでは勝てないと思っていた。もっと強くなって東京五輪の舞台に立ちたい」と前を見据えた。