東京五輪・パラリンピックの延期が決まった。夢の舞台をめざす新潟県内や県出身の選手からは、前向きに捉えようとする声が上がった。県内には海外チームの事前合宿地として準備してきた自治体もあり、これから対応に追われそうだ。

 「1年で成長できるので、自分としてはポジティブにとらえている」

 サッカーJ2・アルビレックス新潟のゴールキーパー、小島亨介選手(23)は、新潟県聖籠町のクラブでそう語った。東京五輪に向けた準備大会と位置づけられた1月の23歳以下アジア選手権でベンチ入り。五輪の延期にも、「支えてくれた人に成長した姿を見せたい」と変わらぬ意欲を見せた。