世界的な新型コロナウイルスの猛威で、開催の1年程度延期の検討を安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が電話会談で同意した東京五輪。誘致した東京都にとっても先行きが気がかりだったが、小池百合子知事のある言葉を読み解くと、その苦悩ぶりが浮かび上がる。

 「総理は延期の判断を行わざるを得ないと答弁されていますが、私もその通りだと考えております」

 23日昼、都庁で開かれた小池知事の臨時記者会見。バッハ会長が延期の検討を表明したことを問われると、小池知事は首相の国会答弁を自ら切り出した。