ラグビー日本代表プロップ稲垣啓太(パナソニック)が24日、ツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大で、前日23日にトップリーグの中止が決まったことに心境をつづった。

 昨年のW杯でラグビー熱が高まっていた中での事態。稲垣は「ラグビートップリーグの中止は非常に残念」とする一方で、「しかし、正しい判断をする事が大事。世界の状況を見てもそれは優先すべき事だったと思う。ラグビーと命を比べてはいけないと思うが、身の安全を優先するべき」と、中止の判断を支持した。

 昨年のW杯での活躍で、“笑わない男”としても注目された稲垣。今後に向けて、「しかし、いつかまた皆さんの前でプレー出来る日が来る。この状況を皆で乗り越えようぜ」と前向きに記した。