国際オリンピック委員会(IOC)が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今夏開催予定の東京五輪の延期を検討することを明らかにしたことについて、競技会場として準備を進めてきた千葉県や一宮町に波紋が広がった。

 23日、開かれた参院予算委でも安倍晋三首相が「延期の判断を行わざるを得ない」と述べ、延期を容認する発言をしている。

 大会で多くの観戦者らを迎え入れるため、エレベーターの増設や中央エントランス、トイレなどの大規模改修が今月中にも完了する幕張メッセ(千葉市美浜区)。レスリングやフェンシングなど計7競技が予定されており、準備や撤去を含め、4月21日~9月20日の約5カ月が使用される予定だ。