氷を使わない「ノンアイス」の屋外スケートリンクが20日、京都市下京区の梅小路公園にオープンした。新型コロナウイルスの感染対策のため、手を消毒し、問診票を提出した家族連れたちが、青空の下でスケートを楽しんだ。

 リンクには人工アイスと呼ばれる特殊な樹脂を使っているため、転んでもぬれず、季節を問わずにスケートを楽しめる。小学4年の男児(10)は「滑りにくいかと思ったが、すぐに慣れた」。母親(44)も「(息子は)休校が続き、体を動かす機会が減っていた。気分転換できる場所はありがたい」と喜んでいた。

 11月上旬まで営業予定。一般1千円、中高大学生800円、小学生600円。貸し靴500円。問い合わせはビバスクエア京都(075・343・7778)。(川村貴大)