「五輪子」は「いりこ」と読む。県庁近くの病院で生まれた1964年10月2日は、前回の東京五輪の聖火リレーが県庁前を出発した日だ。盛り上がりに感動した祖父が五輪にちなんで名付けた。

 小さいときは恥ずかしさもあったが、話すきっかけになったし、同窓会でも思い出してもらえる。「今では誇りに思っています」

 駆け足はいつも一番だった。中学生時代に器械体操を始め、作新学院高ではインターハイと国体に出場した。憧れは76年のモントリオール五輪女子体操金メダリストの「白い妖精」と呼ばれたコマネチ(ルーマニア)だった。