フィギュアスケートのアイスダンスで日本代表として冬季五輪に3大会連続で出場したクリス・リード氏が15日、米デトロイトで死去した。心臓突然死と診断されたという。30歳だった。日本スケート連盟が17日、発表した。

 リード氏は母親が日本人で、父親が米国人。冬季五輪には姉のキャシーと2010年バンクーバー大会と14年ソチ大会に出場。18年平昌大会は村元哉中(かな)と組んで、自己最高の15位だった。昨年12月に現役引退を表明していた。

 村元は17日夜、自身のインスタグラムを更新。リンク上で抱き合う2人の写真に、「突然の訃報(ふほう)に言葉を失っています。良い時も悪い時も氷上で共に同じ志を持ってスケートに打ち込んだ日々など、思い出は尽きません。今はただ、心よりご冥福をお祈り申し上げます」とコメントを添えた。