新型コロナウイルスの感染拡大を受け、無観客で開催されている大相撲春場所2日目の9日、序二段の力士が発熱を理由に休場した。8日夜に40度近い高熱が出て、9日朝には平熱に戻っていたものの大事を取って休場したという。

 協会によると、この力士は8日夕に、春場所の会場となっているエディオンアリーナ大阪で関取の付け人を務めた後、大阪市内の部屋宿舎で検温したところ高熱が確認された。師匠から日本相撲協会に報告があり、協会は隔離を指示。一夜明けて、36度7分まで下がっていたが、念のために11日までは出場させないことを師匠が決めたという。インフルエンザの検査は陰性だったという。

 協会では、ウイルスの感染拡大を防ぐため、今場所は原則として37度5分以上が2日続いた場合、休場させると決めている。高熱が確認された日については症状次第で出場を認める場合があるとしていた。