東京五輪のマラソン代表が東日本大震災から9年となる11日に福島県に集合し、同県須賀川市出身で1964年の東京五輪のマラソンで銅メダルを獲得した円谷幸吉さんの墓前に活躍を誓うことになった。関係者が3日、明らかにした。

 計画では男女マラソン代表の6選手は11日、東日本大震災の発生した午後2時46分に黙禱(もくとう)する。同日には代表選手に向けて、円谷さんとともに東京五輪のマラソンに出場した君原健二さんが講演する。12日には須賀川市で円谷さんの墓参りや記者会見が予定されている。ただし、新型コロナウイルスの感染拡大防止が課題になっている折、選手の健康への懸念や多くの報道陣が集まることが予想されるため、関係者は慎重に対応を検討している。

 東京五輪のマラソン代表は8日のびわ湖毎日、名古屋ウィメンズマラソンの終了後に全選手が出そろう。現時点では男子の中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)、女子の前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)が内定している。