国際スケート連盟(ISU)は2月26日、韓国のソウルで3月13日から15日まで予定されていた2020年スピードスケートショートトラック世界選手権を、当面中止にすると発表した。

 会場に予定されていた木洞アイスリンクが、韓国での新型コロナウイルスの感染状況を配慮して一時的に閉鎖処置をとったためである。

 ISUは通常4月のはじめまでの競技シーズンを数週間延長したとしても、この大会を代替地などで開催することはできず、年内に開催できた場合でも少なくとも今年の10月中旬までは困難だろうとしている。

 日本スケート連盟も、ジャパントロフィー選手権など、3月中に国内で開催が予定されていたスピードスケート・ショートトラックの3大会を中止すると発表した。

閉鎖されたのは四大陸選手権のリンクだった。

 このたび一時的に閉鎖された木洞アイスリンクは、2月4日から9日まで2020年四大陸選手権が開催されていた会場である。

 羽生結弦が初優勝をきめたこの大会も、もう少し開催時期が遅かったら、危ないところだったのだ。

 ISUは2月29日現在、これ以外の今シーズンの大会中止および延期の予定はないものの、今後WHOが提供する新型コロナウイルスの感染状況を注視し、WHOと開催地の自治体からの要請に従うと発表した。

 多くのファンたちが懸念しているのは、これから予定されているフィギュアスケートの大会に影響がおよぶのかどうかということだ。

 今週は3月4日からエストニアのタリンで、世界ジュニア選手権が開催される。

 エストニアでは2月27日に初めて感染者が確認され、ラトビアからバスで入国した乗客だったと発表されたばかり。入国の警戒態勢も厳重化されたのか、SNSで日本から来た観光客の一部が入国拒否されたという情報もある。

 幸いなことに、3月1日に日本の選手団と関係者たちは無事に入国した模様だ。

モントリオール世界選手権への影響。

 さらに懸念されるのは、シーズンのハイライト、3月18日からモントリオールで開催が予定されているフィギュアスケート世界選手権である。

 これから3週間の間にカナダで新型コロナウイルスがアウトブレークする可能性は少ないものの、入国管理規制の状況によっては中国、韓国、日本からこの大会にために移動する関係者、そして応援ツアーの観客たちの入国に影響が出てくる可能性はゼロではない。

 この原稿を執筆中の2月29日現在、カナダの入国管理局ホームページによると新型コロナウイルスの影響は、通常の入国管理手続きに過去の滞在地と体調に関する質問が、追加されたという程度である。

 だが現実的には、2月21日に世界的に有名な中国出身のピアニスト、ニューヨーク在住のユージャ・ワンがバンクーバー空港で入国の際に1時間拘束されて、本人のリサイタルに遅れそうになるという事件もあった。

日本の選手やファンは入国できるのか。

 羽生結弦や宮原知子など、カナダを拠点としている選手たちはもちろん入国管理規制の影響はない。また幸い、世界選手権に出場予定の中国の選手の多くが、すでにトロントで調整をしているという情報も入ってきた。

 だが残りの日本の選手、また中国、韓国の選手たちが一部でもカナダへの入国を拒否された場合、それでも世界選手権は通常通り開催されることになるのか。

 ISUは頭が痛いところだろう。

 また多くの関係者が心配しているのは、一部では3000人とも見積もられている日本からの観戦ツアーのファンたちが、無事に入国できるかどうかということだ。

 特に羽生が出場する大会では、会場の半分以上が日本のファンで埋まることも珍しくない。日本のファンは海外の選手へのサポートも惜しまず、開催側にとってもありがたい存在である。

 この日本のファンたちが万が一にもキャンセルせざるを得ないような状況になることを、関係者たちは恐れている。

簡単にはキャンセルできない事情。

 同時に筆者がもっとも懸念しているのは、すでに体調不良を感じているファンが、どうしても選手の応援をしたい、あるいはすでにツアー料金を払い込んだという理由から、無理をして観戦にやってくることだ。

 これほど連日、新型コロナウイルスのニュースが報道されている中で、そのような無謀な行動をする人はよもやいないだろうとは思うのだが、日本のファンが感染経路になったなどと後々言われないためにも、体調管理には十分に気を付けてもらいたい。

 現在のISUにとってフィギュアスケート世界選手権は、テレビ放映権なども含めると最大のイベントと言って間違いない。

 特に今年の世界選手権は、「スケーティングアワーズ」という新しい試みが企画されている。ファンと報道関係者たちなどによるオンライン投票などで、今シーズンの最も影響あるスケーター、ベストコスチューム、ベストプログラムなどが選ばれ、その表彰式が最終日に盛大に予定されている。

 そのため、ISUは世界選手権をそう簡単にはキャンセルできないという事情がある。

 今年の世界選手権の開催地が、感染の広がっている国ではなかったことは不幸中の幸いと言わなくてはならない。

 これからあと3週間、新型コロナウイルスの状況が少しでも落ち着き、世界選手権が無事に開催されることを願ってやまない。

(「フィギュアスケート、氷上の華」田村明子 = 文)