東京五輪・パラリンピックの会場を子どもたちが育てたアサガオで彩る「フラワーレーンプロジェクト」に向け、東京都江東区の都立臨海青海特別支援学校の子どもたちが26日、アサガオの種を大会組織委員会に贈った。

 プロジェクトは、競技会場の入り口をアサガオの植木鉢で仕切る取り組み。同校では運用実験に向けて昨年5月に種をまき、花を育てた。この日、小学部1年の26人が収穫した約千粒の種を、同校を訪れた組織委の担当者に手渡した。

 知的障害のある児童たちは当初、種から芽が出て花が咲くことを理解することが難しかったという。しかし、竹内嘉恵教諭によると、水をやり、ツルや葉が少しずつ育っていくと熱心に観察。種ができると一粒残らず拾い、種に手を振って「また2年生で会おうね」と声をかけた児童もいたという。川口真澄校長は「子どもたちは花を育てながらたくさんのことを学ぶことができた」と話した。(斉藤寛子)