3月15日に松江市である「第41回まつえレディースハーフマラソン」(松江市など主催)に、特別招待選手として4年前のリオデジャネイロ五輪に出場した伊藤舞選手(35)=大塚製薬=が出場する。実行委員会が発表した。新型コロナウイルスに対しては「慎重に対応を検討する」としている。

 伊藤選手はマラソンのベストタイム2時間24分42秒、ハーフマラソン1時間9分57秒。リオ五輪では46位だった。特別招待選手はほかに、パナソニック女子陸上部所属の清水萌衣乃(もえの)選手(22)。清水選手はハーフマラソン1時間12分45秒がベスト。

 大会は3月15日午前10時2分に松江市の県民会館前をスタートし、塩見縄手、宍道湖大橋、くにびき道路、城北通りなどを走る。