「サッカー史上最大の改革だ」。審判の判定に映像を生かすビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)制度について、サッカーのルールを決める国際サッカー評議会(IFAB)でテクニカルダイレクターを務めるデイビット・エラリー氏は、そう評価する。21日開幕のJ1で今季から全試合に導入されたVAR。日本でもVARを担う審判の研修に携わった仕掛け人に、その利点や注意点、将来を聞いた。

 ■急速な転換

 VARを採用した試合が初めて行われたのは、2016年夏。そこから一気に広がりを見せ、2年後の18年ワールドカップ(W杯)ロシア大会でも実施された。エラリー氏は「急速な転換だった」と見ている。

 リーグ戦に導入、もしくは、導入の検討や準備をしているのは約100カ国。ドイツやスペイン、イタリアなど2部リーグでも採り入れている国もある。「世界的に見ても、人々は全体としてVARを気に入っている」と分析する。

 「監視カメラ」のように、VARの導入は悪質な反則の抑止効果があるとされる。エラリー氏によると、イタリアでは導入1年目に、警告に相当する反則や抗議などが約4割減少。審判への暴言による退場が前のシーズンの11から、1に減ったという。「選手たちのプレーに、大きな影響を与えている」と話す。