白血病で療養中の競泳女子・池江璃花子選手(19)=ルネサンス=が19日夜、テレビ朝日系列の報道ステーションに録画で出演した。昨年2月に白血病を公表してから、公の場で語るのは初めて。

 収録は18日に行われ、元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造さんのインタビューを受けた。池江選手は時折涙を流しながら、「一番しんどいときには、死んだ方がましだと思った。ここにいることが奇跡、生きていることが奇跡、というふうに気持ちが変わった。病気の方たちにも絶対に希望を持って治療に励んで欲しい。ここまで元気になれた人間がいるんだから、あなたも元気になれるよ、ということを伝えたい」などと語った。