3月1日に開催される東京マラソンについて、主催する財団は、沿道での観戦の自粛を広く呼びかける方針を固めた。東京五輪の代表選考を兼ねる「エリートの部」は実施されるが、新型コロナウイルスの感染防止のため、テレビなどでの観戦を勧めるという。

 財団によると、例年の大会では約100万人が沿道で観戦している。財団は17日に一般参加者枠を全面的に取りやめると発表した。エリートの部では、日本記録保持者の大迫傑選手らが走る。観戦についての問い合わせに個別に答える形で、すでに自粛を求めているが、さらに広く周知する方法を検討しているという。