! 山口市の維新百年記念公園ラグビー・サッカー場であった第21回全国高校選抜ラグビー大会中国ブロック予選会に出場した石見智翠館(島根県江津市)は、16日の決勝で尾道(広島)に7―21で敗れ、3月開幕予定の本大会(埼玉県熊谷市)への出場権を逃した。

 ともに冬の花園常連校で実力伯仲のライバル校とあってロースコアの熱戦となった。7点差を追う石見智翠館は前半終了直前、岡崎慶喜選手(1年)が走り込んでトライ(ゴール成功)、同点で折り返した。

 後半も一進一退の攻防が続いたが、17分に防御の隙をつかれて勝ち越しトライを許すと、試合終了間際にもトライを奪われ突き放された。