! 第19回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会(県など主催)が16日、紀三井寺公園陸上競技場をスタートして県庁前でゴールする和歌山市内の10区間(計21・1キロ)のコースであった。田辺市が1時間9分0秒で6年ぶり3回目の優勝を果たした。

 県内から北山村を除く29市町の45チーム(オープン参加含む)が参加。各市町から選抜された小学5、6年生と中学生の男女10人で走った。

 午前11時、小雨が降る中、選手たちがスタート。田辺市の1区、合川歩輝君(中3)が1位で後続にたすきをつないだ。その後も田辺市は1位を譲らず、10区、宮本優希君(中3)へ。野球部の宮本君は駅伝のため、野球の練習後、ほぼ毎日10キロの走り込みを続けた。「雨が降りコンディションは悪かったけど、雨は野球で慣れているからむしろチャンスだと思った」と力走し、1位でゴールした。新行靖監督は「全員が粘り強く走ってくれました」と選手をたたえた。

 県によると県内で新型コロナウイルスの感染が確認されたたため、緊急会議を開き、大会を開催するかどうか検討。感染予防を徹底するよう参加チームに呼びかけた上で、開催を決めたという。表彰式会場の入り口にはアルコール消毒液が並べられ、表彰式にはマスク姿で出席する選手が多かった。(福岡龍一郎)