! 東京五輪・パラリンピック聖火リレーの高知県実行委員会は2月10日、今夏の東京五輪の県推薦ランナーとして、県内にゆかりのある著名人5人を選んだと発表した。

 県出身は3人で、タレントの島崎和歌子さん(46)、俳優の広末涼子さん(39)、演歌歌手の三山ひろしさん(39)。他に、16日に開催される「高知龍馬マラソン2020」でアドバイザーを務めるプロランニングコーチの金哲彦さん(56)、昨年のラグビーワールドカップ日本大会でトンガ代表の高知合宿の実現に貢献した元日本代表のラトゥ・志南利さん(54)が選ばれた。

 観光などで高知をアピールする「高知家」のメインキャストを17年度から務める島崎さんは、「多くの方々に高知のことを知ってもらえるチャンスにもなるので、はちきんパワーで精いっぱい頑張る」。広末さんは「高知の皆さま、そして日本の皆さまと一緒に盛り上がれるよう頑張りたい」と、それぞれ県を通じてコメントした。