! 欧州以外の国・地域で争う大会、フィギュアスケートの四大陸選手権は8日、第3日が韓国・ソウルであり、女子フリーで、全日本女王でショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大ク)が151・16点の合計232・34点で2連覇を飾った。SP5位の樋口新葉(明大)は134・51点で合計207・46点の4位で、SP4位の坂本花織(シスメックス)は129・72点の合計202・79点で5位だった。

 最終日の9日は男子フリーがあり、SP1位の羽生結弦(ANA)が初優勝を狙う。