X1SUPER所属のノジマ相模原ライズでは、本拠・相模原市に多機能複合型スタジアム整備を要望する署名活動を実施している。

現在、相模原市はアメリカンフットボールチームのノジマ相模原ライズをはじめ、ラグビートップリーグに所属する三菱重工相模原ダイナボアーズ、サッカーJ3所属のSC相模原、女子サッカーなでしこ1部リーグのノジマステラ神奈川相模原の4チームをホームタウンチームとして支援している。一方で、現在、市内の競技設備は陸上競技場である「相模原ギオンスタジアム」が唯一で、多くのチームが他の市や県外で試合をしているのが現状だ。

今回の署名活動はJR横浜線「相模原」駅前にある米軍からの返還地(相模総合補給廠一部返還地)に、市民が一堂に会すことができるスタジアムを建設することによって、郷土への愛着や誇りを育み、夢と感動を共有したいという思いから4チームが合同で行っているもの。また、スタジアムをコンサートなどのイベント開催などにも対応し、ショッピングや飲食、宿泊などさまざまな機能をもった多機能型にすることによって、相模原市民の豊かな生活に寄与する施設にすることを掲げている。

署名活動は2020年2月29日(土)まで。署名者の居住地や年齢は問わず受け付けている。

オンライン署名サイト

https://forms.gle/FktasQnsf2CcDtP68

詳細はノジマ相模原ライズ公式ウェブサイトをご参照ください。

http://www.sagamihara-rise.com/topics/information/post-439.html