!(5日、フィギュアスケート四大陸選手権公式練習)

 女子の優勝候補筆頭に挙げられるのは、全日本女王の紀平梨花(関大ク)。注目は国際スケート連盟(ISU)公認試合で日本シニア初の4回転ジャンプ成功なるか、だ。1月上旬から3週間ほど米国で合宿をして鍛えた。5日の公式練習では4回転サルコーを成功させた。「ノーミスを目指して、連覇を目指して、頑張りたいと思います」

 坂本花織(シスメックス)も4回転トーループをフリーに組み込む可能性があり、樋口新葉(明大)もトリプルアクセル(3回転半)ジャンプに挑戦することを明言している。

 男子は全日本選手権3位の鍵山優真(星槎国際高横浜)と友野一希(同大)も出場。女子SPは6日、男子SPは7日にある。