! 大相撲の御嶽海が2日、出身の長野県上松町民らが企画した「御嶽海関を囲む会」に出席した。2場所連続での負け越しに、「皆さんの声を心に受け止めて頑張りたい」と再び上位を目指して精進すると語った。

 囲む会は、昨年の9月場所(東京・国技館)での優勝祝賀会として催された。しかし、関脇として大関取りも視界に入った11月場所は6勝9敗、1月場所も7勝8敗と連続の負け越しに終わった。御嶽海は「ふがいない結果を残してしまって、悔しい思いでいる。3月場所、5月場所、成績を残して皆さんの期待に応えたい」と話した。

 会を企画したのは町出身者やゆかりのある人を応援する「あげまつ元気会」。町社会体育館には、町民ら約400人が駆けつけた。御嶽海は参加者から激励を受けたり、記念写真に納まったりしていた。