! 秋田県北秋田市出身で大相撲の元関脇・豪風の押尾川(おしおがわ)親方(40)=本名・成田旭(あきら)さん=の断髪式が1日、東京・両国の国技館であり、秋田の知人や恩師など約270人が大いちょうにはさみを入れた。県内からは児童養護施設の子どもら約140人も招待され、秋田への思いが込められた式となった。

 親方は引退を決めた昨年1月の初場所後から、「断髪式はこれまでにないような企画で、お世話になったみなさんを喜ばせたい」と張り切っていた。言葉通りの内容で、会場を大いにわかせた。

 まずは、断髪式の前の「豪風 最後の取組」。長男で小学6年生の成田海知(かいち)君(12)との一番が特別に組まれた。海知君が親方譲りの「一本背負い」で投げると、いっぱいの客席から拍手が起こった。海知君は「引退はさびしいけど、一つのことを続ける強い精神力を見習っていきたい」と話していた。