! 早春の県北海沿いを走る延岡西日本マラソン(延岡市など主催)が9日、延岡市役所前を発着点として開催される。若手長距離ランナーの登竜門と称される本格的な大会で58回目。38都道府県から過去最多の765人(女子43人を含む)が出場を予定している。

 当日午後0時5分に市役所前をスタート。国道10号を南下して日向市原町で折り返し、再び市役所前のゴールを目指す。日本陸上競技連盟の公認コースだ。

 招待選手は、3年ぶり3度目の優勝を狙う松尾良一選手(28)ら地元・旭化成陸上部の3人を含む8人。元日の全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)で4連覇を遂げた旭化成チームのアンカー、鎧坂哲哉選手(29)がペースメーカーを務める。2006年の第44回大会以来続く大会記録(2時間11分05秒)の更新も期待される。

 レースはUMKなど九州7局のテレビで生中継され、市役所前の駐車場に設置される大型モニターでも観戦できる。(吉田耕一)