! チェックポイントをめぐって写真を撮り、得点を集めるイベント「フォトロゲイニング」が1月26日、山梨県笛吹市であった。県内外から約40チーム、計90人ほどが参加し、記者も体験してみた。

 ルールは簡単だ。当日配られる地図をもとに、点数が決められたチェックポイントをチームでめぐる。地図とともに配られる見本と同じ写真を撮って記録とし、制限時間内の合計点を競う。

 笛吹市は、観光資源が乏しい冬にも市内を訪れてもらいたいと、「いさわ温泉の日」(1月30日)前後の休日に毎年開催し、4回目を迎えた。「家族」「ソロ」など五つのカテゴリーで、制限時間は3時間と5時間の二つ。記者はソロで3時間コースに挑戦した。